忍者ブログ
「古事記上巻」は「日本の神話」 これは二五六の神様の物語。 日本の神さんと 軽く鎖国を目指してみる。
Admin | Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神の神 [四月神] 芽吹きの神

四月神

15神 +ソコタチ +イサイサ
ここまで18神が 神の神 [注:造語]

別天津神(ことあまつかみ) 独神
三<朱>神: 種丸(たねまる) 双葉 実作(みつくり) [種葉実]
三<凡>神: 萌ゆるアシカビ 石(いわ)のトコタチ 水のソコタチ

神世七代
十二<進>神: 光のトコタチ 音のトヨクモノ 夫婦神5組


アメノ トコタチ ノカミ
クニノ トコタチ ノカミ
本作では名前の前後を省略 そのため同じ名の神が6組ある


オモダルヲアヤカシコ

オモダルヲ アヤカシコ

[二五六]
オモダル アヤカシコネの人間姿
天岩戸などにうろうろする姿
大きな力を持つ神が 子供姿をとるのも神話の定型
イサイサから おべべ着せてもらう



注意:この頁には大量の造語があります

三<朱>神:世<あけ>を告げる始まりの神
一般に云う「造化三神」は記紀に無く 「祝詞」での呼び名
音読みは古事記に相応しくないので 避けてみる
みはしらのあけのかみ/みあけがみ/サンシュシン
中世神道では一神教に習い 造化三神は全能の神との解釈が広まる
本作では単なる一二三の次元神

<字>:括苧(くくりお)
共に産まれた神を括る漢字 括緒 括字(くくりじ)
絵を並べた時の見やすさに付けてみた

水のソコタチ
水が当たり前にある日本には 水の始まりの話が無いため追加
物語冒頭の 三五七の唐式の価値観を崩す目的もあり
1枚に16人描いていて一人分 空いてたし

珪(たま)
古事記に魂の記述は無い 死後にあれこれする事も無い
本作では死後の体は生き物が喰うて連鎖の内に ありのまま還る
絵の中に描かれる玉 本作では珪(たま)と表記して
見る者により大小輝き方が異なって見える物とする
神様は繰り返される珍しくないものが好き 宝石に興味ない



PR
Comment form
Name
Title
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  管理人のみ閲覧可能にする
この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする
近況

2014.5.18 (日)
OMMビル
[ 稲馬屋/歴史古典 ]



日記はコチラ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]

Designed by