忍者ブログ
「古事記上巻」は「日本の神話」 これは二五六の神様の物語。 日本の神さんと 軽く鎖国を目指してみる。
Admin | Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神様の物語を神話と云う。
日本にも神と神話は在る。

8世紀に書かれた「古事記 全3巻」
上巻(かみつまき) 神代の物語 日本神話は一般にこれを指す
中巻(なかつまき) 人の王がやまと統一 もう少し神の力
下巻(しもつまき) 法律を定めて国家運営

同時期に書かれた「日本書紀 全30巻」もほぼ同じ話。


日本神話の中身は 出会って子を産んだの繰り返し。
一対一の戦い3回 大きな争いは無い。
世界の終わりも描かない。

遠い昔 大きな力の神が居た。
神の子の子が王である。よって王は偉い。

王の正当性を言い伝えに盛り込んだもの。
これが神話。 どこの神話もおんなし。

砂漠に産まれた神話と、種まきゃ生える所に産まれた神話。
神話も人も、自ずから性質を異にする。




PR
近況

2014.5.18 (日)
OMMビル
[ 稲馬屋/歴史古典 ]



日記はコチラ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]

Designed by