忍者ブログ
「古事記上巻」は「日本の神話」 これは二五六の神様の物語。 日本の神さんと 軽く鎖国を目指してみる。
Admin | Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マッテラは戦の支度してスサノヲを待ち受ける。
スサノヲは戦う為に来たのではないと言い
子を生み合って疑いを晴らす事になる。

まずはスサノヲ 剣から三つの女神を生む。

武装アマテラス

そしてマッテラ 五つ玉を差し出した。
スサノヲ噛みに噛みて 五つの神なった。
これはマッテラの子。

オシホミミ

オシホミミ [楽隠居]
後に葦原の国を 父マッテラから与えられるも
「騒がしうて好かん 待ってる間に生まれたニニギ」
息子ニニギを代わりに送り出す。
神名:マサカツ アカツ カチハヤヒ アメノ オシホミミ


アメノホヒ

アメノホヒ [渡世人] 子神タケヒラトリを生む
後に葦原の国を明け渡す様 交渉に赴くも三年還らず居着く。


アマツヒコネ

アマツヒコネ [手纏]
古事記には名前のみ。
本作では葦原のくにへ移り住み 飾(かざり)細工師となる。


イクツヒコネクマノクスビ

イクツヒコネ [弓手] 戦略担当 得物
クマノクスビ [馬手] 戦術担当 出足


スサノヲ 女三人 ○○○   「儂の勝ちじゃ」
マッテラ 男五人 ●●●●● 「ほうか」
勝ちの条件を決めていなかったので 言うたもん勝ちの様である。


タケヒラトリ

タケヒラトリ [風当たり]
ホヒの子神。ホヒが葦原のくにへ行く前か後かは不明。
本作では後にクニヌシ助ける ほらほら鼠。



PR
Comment form
Name
Title
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  管理人のみ閲覧可能にする
この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする
近況

2014.5.18 (日)
OMMビル
[ 稲馬屋/歴史古典 ]



日記はコチラ
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]

Designed by