忍者ブログ
「古事記上巻」は「日本の神話」 これは二五六の神様の物語。 日本の神さんと 軽く鎖国を目指してみる。
Admin | Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北半球では「北極星」を基準に地図が描かれる。
多くの地域で「死の国」は日の沈む方角とされて来た。

さて日本
はるか縄文の頃より 日の沈む向こうに 進んだくにがあると知られる。
米の技術 鉄の技術 制度制服 様々もたらした国が向こうにある。
やまと地方の支配者層にとっては 西の出雲吉備 南の熊野は忌々しい。

日本文化は「死の国について」あれこれ熟成させる前に大陸文化が流入。
結論として「死の国の方角」は特に無し。


方角についての後日談
平安貴族ははたらかない。貴族的な暮らしの行き着く先は 占い立国。
方位に貴賎を定めて 鬼や悪霊を産み出し 自らを縛り付け溺れて暮らした。
それはさておき 日本神話にはゆかりの無い話。



PR
Comment form
Name
Title
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  管理人のみ閲覧可能にする
この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする
近況

2014.5.18 (日)
OMMビル
[ 稲馬屋/歴史古典 ]



日記はコチラ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]

Designed by