忍者ブログ
「古事記上巻」は「日本の神話」 これは二五六の神様の物語。 日本の神さんと 軽く鎖国を目指してみる。
Admin | Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イザナミ カグツチ イザナギ
火の子を生むに えらかった
ナミヒメ母さん お匕(おぼこ)焼いて 死なはった
ナキヒコ父さん 火の子の首をはねてまう
 
 
黄泉の国
はるばる来たよ黄泉比良坂(よもつひらさか) 嫁はおれへんか
嫁まだ癒えておらずに腐れ顔 「言うたのに」
 
逃げるナキヒコ 追うは嫁 桃が助けて岩塞ぐ
「日に千の人を死なせます」 「日に千五百の種つける」
ナミヒメ母さん 全ての命を見守る母となる
 
 
三貴子
天の安河ひたって ゆるゆるたゆたう
 後ろ向きの気持ちは流れて終い
 
 洗った左目からアマテラス 「日のくに治めなさい」
  洗った右目からツクヨミ 「月の夜を治めなさい」
そそり立つ鼻からはスサノヲ 「星の海を治めなさい」
 
ナキヒコ父さん 「みんなに任せた」
オノコロ乗って ようけ子を産む旅に出る
 
 
 --- イザナギの代 ---
イザナギの代
  
[古事記]
 生き物の「生と死」のはじまり
 イザナギひとりで 三貴子(みはしらのうずのみこ)産む
 
[二五六]
 イザナギこの後 オノコロ鯨のって 種をまきに旅立つ
 
 イザナギ → ナキヒコ
 イザナミ → ナミヒメ
PR
Comment form
Name
Title
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  管理人のみ閲覧可能にする
この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする
近況

2014.5.18 (日)
OMMビル
[ 稲馬屋/歴史古典 ]



日記はコチラ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]

Designed by