忍者ブログ
「古事記上巻」は「日本の神話」 これは二五六の神様の物語。 日本の神さんと 軽く鎖国を目指してみる。
Admin | Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニニギ
葦原の国は我らのもの
 マッテラ 「オシホミミ遣りましょう」
 オシホミミ「待ってる間に産まれたニニギ
 ニニギ  「どんぴしゃり」

お伴共々 ニニギにぎにぎ旅立った


コノハナサクヤヒメ
ニニギ見初める華の神 コノハナサクヤと一晩中
仲良く仲良く花触れる

「その子ほんま儂の子か」 「神の子なら火に負けぬ」

産屋に火をかけ子を産もう
身を案じ火に向かう羽根虫(はねむし)火虫(ひむし)
サクヤは三つの子を産んだ


トヨタマヒメ ヤマヒコ ウミヒコ
漁り神ウミヒコ 賄い神ホスセリ 狩り神ヤマヒコ

ヤマヒコ 「ウミヒコ兄さん 釣針失くなしたごめんして」
刀鋳潰し 代わりをこしらえる 「そんなんちゃう」

照らす神シホツチ言うた 「海の神に聞いておみ」
海の神の家の前 ヒメと会うたその場で好きになる
トヨヒメ嫁にもろて針も見つかる 珠も貰うた

満珠(みつたま)で水浸し 乾珠(ひるたま)で干上がらす
「弟ヤマヒコごめんして」 でもそんな悪い事してるかな

「産むとこ見たあかん」
言うたのにヤマヒコ見るよ 鮫が腹から子を産むよ
「もういやや居られへん」
産まれた子フキアヘズ残して帰らはる


フキアヘズ タマヨリヒメ
帰ったトヨヒメ 今も好き
子を育てる為に 妹ヨリヒメ寄越したり

大きゅなったフキアヘズヨリヒメ好きよ 「嫁になって」
「おばちゃんやし」 「かめへん」
「ほんま鮫やよ」  「かめへんて」

あの頃おっぱいくれたヨリヒメ
今はフキアヘズから抱き寄せる
ヨリヒメ四つの子を産んだ 海猫にゃぁと鳴いている


--- ニニギの代 ---
ニニギの代

[古事記]
クニヌシから譲り受けた葦原の国
たまたま産まれた ニニギが来るよ 天岩戸メンバもお伴だよ

[二五六]
本作ではサクヤヒメの元に火虫が駆けつける

サクヤの子 三兄弟 漁の神と猟(狩り)の神
その間は 料理の神やろ

海の神の娘 トヨヒメ 本当はワニザメ
サメは卵を体内で孵し 子鮫を産むからか
魚より獣に近いと思うてたんやね

妹 ヨリヒメ
育ててくれた母の妹ヨリヒメ
大きくなって サメと知ってて嫁にする
と言うか「人魚」やん

やるやん やまとの人
 



PR
Comment form
Name
Title
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  管理人のみ閲覧可能にする
この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする
近況

2014.5.18 (日)
OMMビル
[ 稲馬屋/歴史古典 ]



日記はコチラ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]

Designed by