忍者ブログ
「古事記上巻」は「日本の神話」 これは二五六の神様の物語。 日本の神さんと 軽く鎖国を目指してみる。
Admin | Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

星の神ヒルコ空の神アハシマ
イサイサ産んだ初めの子 アシカビヒコヂ拾いたり

「細蟹(ささがに)神 ヒルコ星を治めなさい」
「蝙蝠(かわほり)神 アハシマ空を治めなさい」

しかうして 蜘蛛と蝙蝠
今も空高くに暮らしたり


八天神
神の神のカミムスビ 皆を集め 言うてみた

マッテラ 日の葉を照らせ」  「賜った」
ツクヨミ 月の葉を照らせ」  「賜った」
カグツチ 火の葉を照らせ」  「賜った」
ウカノミタマ 水の葉を照らせ」「賜った」
ククノチ 木の葉を照らせ」  「賜った」
サクヤ も木の葉を照らせ」  「賜った」
マヒトツ 金の昼葉を照らせ」 「賜った」
ウズメ も金の夜葉を照らせ」 「賜った」
オモヒカネ 土の葉を照らせ」 「賜った」

「代わりばんこに葉を照らせ」


アハシマルヒコ ワカミケヌコ

フキアヘズと魚の姫 もうけた四つの子
皆で末の子ワカミケヌコ 押し上げる

星神ヒルコの差し出した へそから
変わり続ける神アハシマルヒコ なって
蛙(かはず)の姿で寄り添った

これにて神の代もう仕舞い これより先は猫の代なる

神々たちは人のそば 今もそこにおってんなる


--- 環神 ---
環神

[古事記]
イサイサ初めの子 ヒルコとアハシマ
古事記にその後は書かれていない

[二五六]
見えないもの 大きすぎるものに人は気付かない
星や空についても描かれていない

ヒルコ=星=クモ神 (ササガニはクモの古名)
アハシマ=空=コウモリ神 (カワホリは扇の古名)
仮面は鬼の由来へと

ヒルコのヘソから カエル神「アハシマルヒコ」
日本人の蛙好きのはじまり


曜日の神「八天神」
金星ビーナス美の女神 どっかの神話
これを元に無数の作品が生まれている

7曜日には 科学的に理由も意味も無く
彩りのためだけにある 日本では明治以降

日本の神さんで曜日を任せるなら誰やろ
日月火は満場一致として 「八天神」決めてみた
火の神言われたスサノヲは 死んでたカグツチ連れ帰る
これにて曜日の始まりは日曜といたします

猫の王
古事記上巻=神の代 これにて おしまい
古事記ワカミケヌ
本作はワカミケヌコ 猫の王で幕を閉じる

中巻では熊の一族や 隼の一族と戦い ヤマトを統一する
いずれ描く事になるだろう

若三毛猫が全ての日本人の先祖 なのだから


 
PR
Comment form
Name
Title
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  管理人のみ閲覧可能にする
この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする
近況

2014.5.18 (日)
OMMビル
[ 稲馬屋/歴史古典 ]



日記はコチラ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]

Designed by